キャッシングに頼らんといかん事もあるがぜよ!

ゼニ侍がオススメするカードローン

  • 消費者金融情報

    銀行系は金利が低めに設定されているのが特徴ですが、かっちりと審査してくるのも知っておきたい

  • 専業主婦/総量規制

    専業主婦のキャッシングの場合、総量規制が一つの障害になってきます

  • 銀行系カードローン情報

    銀行系は金利が低めに設定されているのが特徴ですが、かっちりと審査してくるのも知っておきたい

  • 即日審査/スピード融資

    申込み当日のキャッシングが必要なのであれば、それなりの知識を持ってルールに則って適切に

  • 申し込み前に知っておく

    申し込みの流れから、お得なキャンペーン情報まで網羅しています!

  • キャッシングの実体験

    キャッシングを利用したいけどちょっと不安、、、そんな方はみんなの実体験を見てみましょう

ゼニ侍のキャッシング指南

キャッシングに頼ることはわりぃことじゃーないが

急にお金が必要になることは、誰でもある

人間は完全に計画的に生きていくのは無理です。それができず、ランダムな出来事がいろいろ起きるから、世の中は楽しいのでしょう。

ということで「急にお金が必要になる」ということは誰でもあります。そういう時、キャッシングなどの手段で切り抜けるというのは、悪いことではありません。国だってそうしますし、GEなどの「世界最強企業」でも、そうします。資金繰りに行き詰まった時は、世界の頂点に立つ企業でも、個人のカードローンのような高金利で、お金を調達してくるのです。

日本人は「借金=恥」だと思っていますが、本当の恥は「問題への対処を遅らせる」こと。逆に本当に「かっこいいこと」というのは問題をすぐに認めて、なりふりかまわず、瞬時にそれを解決するということです。

わかりやすく言うと「サイボーグになる」わけです。

  • 今自分にとって、一番重要なことは何か?
  • それを手にする・クリアするために、一番いい方法は何か?

だけを考えて、恥とか「面倒」とかの、自分の感情は一切交えない…ということです。繰り返しますが資金繰りで行き詰まることは誰でもあるので、それ自体はまったく恥ではありません。それよりも「キャッシングでも何でもいいので、急いで資金調達をし、問題を解決する」ということが重要です。

お金を借りて問題を解決したら、すぐに稼ぐ

ここでもう一つ重要なことは「借りたら、すぐに完済に向かって動き出す」ということ。ここでもやはりサイボーグのように機敏な動きが要求されます。

「キャッシングは危険」とか「消費者金融に手を出してはいけない」と思い込んでいる人は多いですが、これは間違いです。これらのサービスが悪いのではなく「すぐに返済しない」のがいけないのです。

自動車でも、危険な運転をすれば当然事故死しますし、包丁でも睡眠薬でも、世界に溢れているすべてのものは「使い方次第」です。それは消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングのサービスでも、まったく同じなんですね。

ということで、「お金を借りる」のはもちろんいいのですが「借りて安心」するのではなく「すぐに完済のためのアクションを起こす」ということを意識してください。いわば「下山の思想」(五木寛之)ですが、これがないから、お金を借りる人の一部は失敗してしまうのです。

(経営や投資の言葉でいうと「出口戦略」のようなものですね)

収入を増やすか、支出を減らすか

キャッシングが必要になったということは、つまり現時点の収支のバランスに問題があったということ。問題があったということは、「堤防に穴が開いている」ようなものですから、防がないといけません。

(当たり前のことですが、人間はしばしばこれをやりません。千里の堤防を、蟻の穴から崩壊させることを、日常的にやってしまっています)

ということで、お金を借りて一時的なピンチをしのいだ後は、

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

のどちらかを考えなくてはいけません。これは「お金持ちになる」ことでも共通のルールで、お金持ちになった人たちはみんな、このシンプルなルールを守っただけです。

これは野球で言うなら、

  • 得点を多くする
  • 失点を少なくする

というだけなのですが、こういう「当たり前」のことが一番難しい…というのは、どの世界でも変わりません。

キャッシングの返済や、資金繰りの立て直しでも、やはり、その「当たり前」が一番難しいわけですが、逆にこれができるようになれば「その後の人生で、マネーに関することが、かなり改善される」ということです。

病気は「今の生活ではダメだ」という体からのサインですが、借金もそれと同じです。借金が必要になったということは「今の生活ではダメだ」と福沢諭吉が言っているのです。その声に従って、自分の仕事や消費・人付き合いなどを改善していくべきでしょう。

借りる時は、急ぎかどうかをハッキリさせる

お金を借りる先を選ぶ時、重要なことは「低金利かどうか」ではありません。一番重要なのは「急ぎかどうか」なのです。理由は、

  • 急ぎの場合、まずその問題は当然解決が必要
  • 急ぎの場合、大抵少額のキャッシングである
  • 少額なら、金利の影響はそれほどない
  • また、少額なら短期返済できる
  • 短期返済すれば、これもやはり金利の影響は少ない
  • だから、金利は無視して「即日融資の早さ」だけ考える

ということです。で、その「即日融資の早さ」を考えると、一番いいのは、やはり消費者金融です。プロミス・アコム・モビット・アイフルなど、みなさんがよく知っている大手のキャッシングブランドですね。

大手の消費者金融なら最短30分で借入可能

これらの大手の消費者金融であれば、審査時間は最短30分でOKとなっています。借り入れなどのもろもろの手続きも合わせると、全部で1時間程度です。

で、即日審査の受付時間は、毎日21時~22時程度までとなっています(一部店舗によって異なりますが)。このくらい遅い時間まで当日審査を受け付けているので、夜間に急にお金が必要になった場合でも、対応してもらえるわけです。

また、平日だけでなく、土日・祝日でもこの時間まで即日審査しているというのも魅力。特にプロミス・モビットなどは年末年始でも、元旦=1月1日以外、全部即日審査しているという強者ぶりです。ゴールデンウィークやクリスマス・お盆などのイベント時も、まったく問題なく即日借入できるわけですね。

銀行カードローンでも当日キャッシングは可能

このように、スピードでは消費者金融の方が早いです。しかし、そこまで急いでいないので、消費者金融より安心できる、銀行カードローンで借りたいという人もいるでしょう。この場合、銀行カードローンでも当日融資はできるので安心してください。

特に銀行カードローンの中で融資スピードが早いのは、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行(レイク)

の3つの銀行カードローン。いずれも大手の消費者金融と同じ「最短30分」というスピード審査を実現しています。特に断然早いのは新生銀行カードローン・レイクで、以前に消費者金融だった頃の審査のノウハウを活かし、銀行カードローンの中で一番早い即日キャッシングで、評価されています。


以上、急にお金が必要になった場合のキャッシングについて、知っておくべき知識やポイントなどをまとめました。さらに詳しい知識は、この「ゼニ侍」の中のそれぞれの記事でまとめています。

初めてのキャッシングで不安な方など、これらの記事を読んで、不安を払拭していただけたら幸いです。

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2016 ゼニ侍のキャッシング指南 All Rights Reserved.